東京合板工業組合・東北合板工業組合

ネダノン一覧


ネダノン~枠組壁(2×4)工法~

ネダノンQF45 ~枠組壁(2×4)工法~

《ネダノンQF45》は、新たに枠組壁工法(2×4工法)でも、『45分準耐火認定』を取得しました。仕様解説図も掲載していますので、あわせてご利用ください。

 

■特徴

1.合板初の45分準耐火認定製品(床)
認定番号

断熱材 天井下地
吊木・野縁 天井根太
なし QF045FL-0013 QF045FL-0015
あり QF045FL-0019 QF045FL-0020

 

2,準防火地域内の木造3階建て住宅に対応
 2階建て共同住宅にも使用できます。

 

3,床上はネダノンQF45のみで耐火性能を確保
 床の表側耐火被覆:ネダノンQF45(28mm 又は 30mm)
 床の直下の天井側耐火被覆:強化石膏ボード15mmの1枚張り ※規定の断熱材がない場合
             :強化石膏ボード12.5mmの1枚張り ※規定の断熱材がある場合

 

《ネダノンQF45》は...
  • 当組合の独自商品です。
  • 当組合の登録商標です。
  • 当組合の自主基準により安全性に配慮して製造しています。
  • 認定製品には《ネダノンQF45》のロゴマークがロットと板面に表示されます。

【ご注意ください】

《ネダノンQF45》以外の類似製品では準耐火認定を受けられません。
ご利用の際には《ネダノンQF45》の表示を必ずご確認ください。


■仕様解説図

 

ネダノンQF45

 

図1 <準防火地域内の3階建て住宅>

※建築基準法施行令第136条の2に該当する建築物に使用できます。
※床以外の部位(外壁、間仕切壁、屋根等)は、建築基準法により別途防火性能が定められています。

天井下地が吊木・野縁の場合
Image

断熱材なし [QF045FL-0013]

1.ネダノンQF45の長辺方向の目地部を、さね目地とするか、突付け目地とするかにより。床の受材の仕様が変わります。
2.天井側強化石膏ボードはネダノンQF45裏側から188mm以上離す必要があります。

天井下地が吊木・野縁の場合
Image

断熱材あり [QF045FL-0019]

1.ネダノンQF45の長辺方向の目地部を、さね目地とするか、突付け目地とするかにより。床の受材の仕様が変わります。
2.天井側強化石膏ボードはネダノンQF45裏側から188mm以上離す必要があります。

 

天井下地が天井根太の場合
Image

断熱材なし [QF045FL-0015]

1.ネダノンQF45の長辺方向の目地部を、さね目地とするか、突付け目地とするかにより。床の受材の仕様が変わります。
2.天井側強化石膏ボードはネダノンQF45裏側から150mm以上離す必要があります。

天井下地が天井根太の場合
Image

断熱材あり [QF045FL-0020]

1.ネダノンQF45の長辺方向の目地部を、さね目地とするか、突付け目地とするかにより。床の受材の仕様が変わります。
2.天井側強化石膏ボードはネダノンQF45裏側から150mm以上離す必要があります。


■《ネダノンQF45》認定書のご請求

認定書は確認申請の添付資料となります
《ネダノンQF45 ~枠組壁(2×4)工法~》の認定書をご希望の方は、下記「ご請求用紙」に必要事項をご記入の上、当組合宛てに郵送又はFAXでお申し込みください。

 

WORD版

ご請求用紙(交付申請書)

PDF版

ご請求用紙(交付申請書)

 

送付先

〒101-0061 東京都千代田区神田三崎町二丁目21番2号
東京合板工業組合 宛  FAX 03-5214-3660
【注】認定書はコピー無効用紙を使用しています。

 

必要事項をご記入の上、当組合宛てに郵送又はFAXでお申し込みください。

ネダノン関連マニュアル

資料請求

頒布資料やカタログございます


ご質問はこちら

お気軽にお問い合わせください