東京合板工業組合・東北合板工業組合

改正の概要 - 天井裏等の制限 -


■規制対象範囲

  • 「天井裏等」とは、天井裏、小屋裏、床裏、壁、物置、押入、クロゼットの内部、造作家具の内部などをいう
  • 居室と天井裏等の区分基準は「設計時のポイント/規制対象範囲」参照

■対策

  • 次の対策のうち、いずれかを講じなければならない
1.  建材による措置 「天井裏等」に第1種等級、第2種等級のホルムアルデヒド発散建築材料を使用しない
(第3種等級/F☆☆☆以上とする)
2.  気密層、通気止めによる措置 気密層又は通気止めを設けて「天井裏等」と「居室」とを区画する
3.  換気設備による措置 換気設備の仕様を、居室に加えて「天井裏等」も換気できるものとする

資料請求

頒布資料やカタログございます


ご質問はこちら

お気軽にお問い合わせください